膣洗浄インクリア

市販や通販の膣洗浄剤インクリアを使ってみた

 

レーザー治療は一度行うと永久脱毛などのように、ずっと効果が続くと間違ってしまうこともありますが、今皮膚の中にあるメラニンを除去する効果に止まりますので、刺激の多い状態を改善しなかったり、ターンオーバーが乱れるなどの状態が続いていると黒ずみが再発してしまうこともあります。

 

 

美容皮膚科で行われている治療のまとめ

以上で塗り薬の治療、飲み薬の治療そしてレーザー治療、ピーリングによる治療の4つの方法を紹介してきました。

 

即効性があるものや何ヶ月もわたって行わないといけない治療などありますが、病院で行われる治療は効果が高いです。また費用も高いです。

 

美白クリーム
ですので、まだ一度も黒ずみの改善をしたことがないという方には手軽に始められる方法として美白クリームを紹介したいと思います。

 

美白クリームには濃度が薄いビタミンc誘導体やトラネキサム酸といった美白成分が含まれていて何ヶ月間か塗り続けることで、メラニンの生成を抑え黒ずみを解消するものです。

 

やはり効果は皮膚科で行うものより弱いですが、副作用も抑えられていますので、手軽にできる方法ではあります。

 

まだ一度も黒ずみケアをしたことがないという方は一度試してみると良いかもしれません。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因と悪化させる生活習慣とは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因は刺激などによってメラニン色素が沈着することと解説しましたが、具体的な刺激といえば
お風呂でゴシゴシこすりすぎ
トイレのティッシュペーパーで拭きすぎ
小さめの下着を着用している
このようなことも黒ずみの原因となります。

 

黒ずみに良くない生活習慣としては
不規則な生活習慣
女性ホルモンの乱れ
ストレスが多い
などが挙げられます。

 

メラニン色素の沈着が黒ずみ

 

黒ずみの本はメラニン色素です。

 

皮膚にはメラノサイトというメラニン色素を作り出す細胞がいます。

 

メラノサイトの活動が活発になると黒ずみがたくさん生まれます。

 

例えば30代で出産を経験した時などは、この働きが強くなり黒ずみが身体全体として進みます。

 

それ以外に女性ホルモンが増えると肌が黒ずみやすくなります。

 

ターンオーバーが遅くなるのも問題

メラニン色素の沈着以外に、ターンオーバーが遅くなるのも黒ずみの原因となります。

 

ターンオーバーが遅くなるとメラニン色素が沈着している皮膚が、いつまでたっても垢として落ちないので、全体的にくすんだような色になってしまいます。

 

ターンオーバーは年齢でもどんどん遅くなる
20代では28日サイクルだったところが年齢でもどんどん遅くなり、40代では50日になると思いはれています。

 

年齢が高くなるほどターンオーバーを正常なスピードに戻していくことが必要なってきます。

 

参照文献:膣洗浄剤はこちら