皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみの治療!具体的な方法を紹介

皮膚科でのまんこの黒ずみの治療!具体的な方法を紹介

 

まんこの色素沈着を美容皮膚科で治療
まんこの黒ずみが深刻になってくると皮膚科で治したいと思うことも出てきます。

 

皮膚科では具体的にはどんな治療方法があるのでしょうか。

 

このページでは皮膚科でできる治療方法やメリットデメリットについてご紹介したいと思います。

 

どこの病院で治療が受けられるか

 

まず最初にまんこの黒ずみを解消したい場合は、どの病院に行ったら治療が受けられるのでしょうか。

 

まず考えられるのが皮膚科です。

 

皮膚科といっても、美容外科、美容皮膚科といった美容専門治療を行っているところがおすすめです。
皮膚科というのは皮膚の病気を治すところですので、黒ずみといった美容的なことは専門ではありません。

 

美容外科や美容皮膚科は、黒ずみなどの美容的な悩みを解決してくれる場所ですので、こちらの方が詳しく診てもらえます。

 

美容皮膚科で受けられる治療

美容皮膚科や美容外科で行われている黒ずみの治療方法について紹介します。

 

塗り薬による治療

 

美容皮膚科で行われる治療としてまずあげられるのが、塗り薬による治療です。

 

塗り薬というのは美白成分であるハイドロキノンやターンオーバーを促進するトレチノインといった成分が入っているクリームを使うことで治療します。

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンクリーム皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が高く効果が高いです。

 

ハイドロキノンは

  • メラニンを薄くする
  • メラノサイトの細胞の数自体を減らす

という2つの働きがあり強力な美白効果が望めます。

 

副作用もそれなりにあり肌荒れなどのリスクもあります。

 

トレチノインによる治療

トレチノインを寝る方法も一般的です。

 

トレチノインはハイドロキノンのような美白効果がないのですが、ターンオーバーを早くする効果がありハイドロキノンとセットで治療している場合が多いです。

 

 

内服薬で治療する

 

美容皮膚科では飲み薬によって黒ずみを解消することもあります。

 

内服に使われているのはビタミンc誘導体や、ビタミンeといった成分、それ以外にトラネキサム酸と呼ばれる美白成分を服用することもあります。

 

これらはメラニンを抑制し黒ずみを解消していきます。

 

 

ピーリング剤を使う治療

美容皮膚科ではピーリング剤を使うこともあります。

 

ピーリング剤はクレンザーと同じような方法で、肌の表面の部分をつぶつぶとしたスクラブ剤で削ります。

 

ピーリングで使われる成分はケミカルピーリング剤と呼ばれていて、これを塗ることでターンオーバーを早くなり黒ずみが早く解消できるようになります。

 

 

レーザー治療による治療

黒ずみはレーザー治療のような外科的な方法もあります。

 

レーザーを当てると皮膚の表面のメラニンが粉砕されます。

 

そして粉砕されたメラニンがターンオーバーに沿って表面に上がってくることで黒ずみを解消することができます。
レーザー治療は即効性があると思われがちですが、何度も照射することで一般的には6回から12回の照射で効果が現れます。

 

参考元:まんこの色をピンクに